名古屋の賃貸

海外風の部屋と言えば、つまりは洋風の部屋ということでしょう。

そうした海外風の部屋には、もちろん、畳敷きなどはありません。

場合によっては、玄関で履物を脱いで上がるという日本様式ではなく、家の中でも欧米のように履物のままでいる、といった様式になっているところもあるのかもしれません。

日本の家屋と欧米の家屋との最大の違いが、この履物を脱いで上がるかそのままであるか、といった点ですから、本格的な西洋様式となれば、家の中でも履物のままということになります。

名古屋 賃貸

しかし、日本の場合には、洋風の家とはいっても、さすがに、家の中でも履物のままといったところまで徹底しているところはまず稀で、その点で、どんなに洋風化が進んでいるとはいっても、まだ、家の中では履物は脱ぐもの、という日本古来からの伝統が生きているわけなのです。

もっとも、家から一歩外に出て、会社のオフィスや飲食店、ホテルなどに入れば、そこは建物の中ではあっても履物を履いたままの世界ですから、日本人も履物を履いたままでの生活に慣れている、とも言えるのですが。